競馬予想を楽しむためのいろいろなこと|競馬場を制覇するぞう

新聞について知る

競馬

競馬予想をして馬券を買う際、どの馬券を購入するかという基準は人それぞれです。絶対に勝ちたいという人であればデータに基づいた理論的な予想をしますが、なんとなくその日の気分で決めるという人もいます。どれだけデータを揃えても外れるときは外れるのが競馬なので、素人であればなんとなく気分で決めたほうが大当たりの可能性があると言うこともできるかもしれません。

ただ、競馬予想を長期的に楽しむのであれば、競馬新聞は読んでおいたほうがいいでしょう。
競馬新聞とは、その日行われるレースについての情報がすべて掲載されている新聞のことで、駅の売店やコンビニ、実際にレースが行われる競馬場などで購入することができます。通常の新聞と同様に競馬新聞にも種類があり、全国的に販売されているものもあれば、関東だけのもの、さらに狭い地域だけのものがあります。
競馬新聞が最初に発売されたのは1924年だといわれており、そこそこ歴史のある媒体だと言うことができます。現在は競馬予想に関する情報はインターネット上に多く見つけることができるようになっていますが、速報性と情報量の密度で言えばまだまだ競馬新聞にはかなわないと言えるでしょう。

競馬新聞が発売されるのは、レースが行われるその日というのが一応の決まりです。新聞によっては、前日の夕方から購入可能なこともあります。
競馬新聞に載せられているのは、レースに関するすべての情報です。馬の名前はもちろんすべて載っており、番号などのレースに関係する情報や、騎手の名前や調教時の走破タイムなど競馬予想に欠かせない情報なども網羅しています。評論家などのコメントも紙面にて読むことができるので、競馬予想の参考にしてみましょう。